This Archive : 2009年02月

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT :

2009.02.18 *Wed

やっぱり冬が好き

ジェットコースター並みの気温差で、体がついていくのがタイヘン。
でも、ここ数日の冷たい空気に、やっぱりちょっとホッとします。

それは、↓の姐さんも一緒みたい。
急に気温があがった週末は暑そうにしていたけれど、再び快調になりました。


んふふ~♪


早く、わたしと遊びなさ~い!

ラテぽんは、暑くても寒くてもあんまり変化を感じない。

鈍いの?(笑)

どこかからゲットしてきたイガイガボールは、ラテぽんのお手柄。


でかした!

たくさん遊んで温まった体に、冷たい風が心地よい。


耳がパタパタするくらいの風


そして、いつもの誰もいない海

梅や桃も咲いて、ミモザも花をつけて・・・みんな春を待っているけど、やっぱり冬が好き。
春が好きな人は多いけど、わたしは秋冬を楽しみに1年生きてます。
犬体質というか、ヒネクレモノというか。

でも、もう少し。
もう少し、この寒さを楽しみたい。
スポンサーサイト

2009.02.16 *Mon

映画雑感

先日、レイトショーで「マンマ・ミーア!」を観に行ってきました。



メリル・ストリープは、本当はそんなに好きな女優さんではないけれど、演じているときはそれを忘れてしまうほど。
「プラダを着た悪魔」でも最高だったし、やっぱりさすがという感じ。
歌って踊って、走って・・・ハリウッド・スターというのは、なんでも出来るのね、と感動したけれど。

ピアース・ブロスナンは・・・(以下自粛)
コリン・ファースも・・・(以下自粛)

007は歌っちゃいけない(笑)
ブリジット・ジョーンズのダーリンもね。

この危うい感じを、キュートととるかどうか、なのかな?

でも、舞台となるギリシャの島の風景もとても綺麗で、観ていて一緒に踊りだしたくなる。
ABBAの曲は、中学生のときにレンタルレコード屋さんでLPを借りてテープにダビングして良く聞いていたっけ。
そんなことを思い出しながら観ていた。
元気がでる映画で、楽しかった~♪

本編が始まる前の予告編で「マーリー」があった。

いつもなら絶対に買わない犬のエッセイ、これだけは買って読んでしまったのだけど、映画になんて絶対行かない!

予告編だけで、そこに映るマーリーの眼差しを見ただけで涙でそうだし。

メディアへの露出だけで、犬の流行がおきてしまう日本だけど・・・。
さすがに「マーリー」なら、ないかな?
ラブラドールと暮らしている人たちが、「すごいですね!」なんて感心されたりして(笑)


2009.02.15 *Sun

半袖日和

昨日今日と、まるでゴールデンウィークくらいの暖かさだったミカン山。

本当のガーデナーは冬こそ忙しいはずなのに、犬飼いとしては冬こそ遊びにフットワークが軽くなったり、ただ単に寒い中の作業が嫌だったりと、放置状態だった庭。

この暖かさで俄然やる気をだした我が家のガーデナーが、活動開始。


ガーデナー1と2、掘り返して球根を植えるんだって


ぼくちんは、高みの見物


ふたりの絶妙のコンビネーション!

と、思いきや


発掘した石に夢中になる姐さん

ヂリヂリとした暑さに、ふと温度計に目をやると


なんと26℃越え

ありえない!
2月にTシャツでいられるなんて!!


暑さに弱いガーデナー2は、日陰でクールダウン
手前は、バリボリ枝を食べてばかりで叱られイジケたラテぽん


頑張ったガーデナー1、今日はお誕生日。
夜には、ヨロヨロになっていたけど、とりあえずお祝いしないと♪


チキンマリネをオーブンで焼き焼き中

前に、料理本で見たこのレシピ。
チキンを、オリーブオイル、カレーパウダー、ガーリック、タイムでマリネして数時間。
焼き色をつけてからオーブンで火を通すと、もう絶品でお気に入りになったもの。


この1年も健康に過ごせますように!

前厄突入よ~♪

2009.02.15 *Sun

仔豚のキセキ

走るたび

ぽよんぽよんと揺れたから

2月12日は仔豚記念日



ということで。

2月12日は、ラテぽんが我が家に来た記念日でありました。

こういう特別な日の空気感、というのは年月を経てもずっと覚えているもの。
もう4年も経っているけれど、ついこの間のことのように思い出せるのが不思議。


来て間もない頃のラテ仔豚

写真を見ると、まだほんのパピー。
今までだって、ラテぽんって大変なんて思ったことは一度もない。
(Chaiは、ある・・・今でもたまに 笑)

なんでこの子が?と思う気持ちは、ずっと心の奥底にあるけれど、いいの、もう。
だって、家で面白おかしく暮らしているんだもの。


雪山だって、遊びに行っちゃうし
(雪玉を気にしまくるけど)



海だって、毎日行っちゃうもんね
(大きな波は、ちょっとだけ怖いけど)


ラテぽんが、我が家に来てからの軌跡

楽しいこと、いっぱいだよね。

いっぱい、怒られることもしてるけど。


ラテぽんが、我が家に来た奇跡

すっかり、なくてはならない存在になったよね。

大きなストレスを経験した分、もしかしたら身体に病気という形で現れるかも、と覚悟して迎えた4年前。

頼りない後ろ脚だし、お腹もすぐにユルくしたけど、それ以外はとても元気。
走るのもとっても上手になったし、お腹を壊すことも滅多になくなった。


最初から育ててあげられなかった分、何か心配ごとができるたびに、生い立ちのせいにしそうになったことも。

でも、最初から育てていても、何かあるときには何かあるもの。

わたしが過去を振り返るたびに、ラテぽんの意識も過去へ引っ張っていきそうでイヤだった。
過去へと意識を向けてばかりいないで、今のラテぽんを見て今できることを、と思った時間もあったけど。

でも、もうそんなことを意識することもない。

家族になったね。

ラテぽんは、ラテぽんのままで。

いつまでも、我が家のBabyで。



でもね?

ラテぽんにひとつ聞きたいことがあるの。

家に来た頃の写真を見ると、鼻、開いてないんだよね。

なんで?いつから開いちゃったの??

2009.02.04 *Wed

眼ヂカラ

前にも、同じようなタイトルで書いたことがあったかしら?

でも、その迫力が増したのでもう一度(笑)

眼ヂカラといえば、Chai。
Chaiといえば、眼ヂカラ。

まつだっちを視線だけで動かすなんて、お手のもの。
「Chai、come !」
「用があるなら、そっちがくれば!」
というやりとりも、(まつだっち限定)日常茶飯事。

ラテぽんだってChaiがチラッと視線を走らせただけで、まず半歩さがる。
命にかかわることは、絶対にしない健気なラテぽん。

海でよく会うブラックラブのロコちゃんは、いつもラテぽんと遊びたくて「アン♪」と可愛く吠えて誘ってくれる。
Playpawの姿勢もとって。

でも姐さん、「なんですって?うちの小鬼になにか??」とグイッと一歩前に、そしてジッと見つめる。

ロコちゃんひれ伏す(涙)

でも姐さんがロコちゃんにキビシイのは、こんな場合だけで、あとは一緒に走ったり、けっこう仲良し。

他にも姐さん、基本的に礼儀にウルサイので、その長いまつ毛の下からキラリンとガン飛ばしてることもある模様。

あのねー、ChaiChai。
わたしが思い描いてたシニアな子との暮らしはね、もっとふわふわ~って雰囲気だったんだけど。
長くヒトと一緒に幸せに暮らしてきた子って、すごく優しい可愛い顔してるって言うじゃない?

もちろん、Chaiだって可愛い・・・可愛いんだけど。
アナタ、シニアってより、ただのお局。
イケズ姐さん。

こんなアナタに誰がした?!


よく似てるって言われてるよネ by Chai



*** admin ** NewEntry ***

Welcome !



プロフィール

masumi

Author:masumi
-----------------
*Chai *
7/25/1999
お外大好き
年功序列&挨拶上等
山犬姐さん

*Latte* 
4/15/2004
おうち大好き
特技:カタコトの長崎弁
不思議系小鬼ちゃん



カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28













検索フォーム



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





QRコード

QRコード



Copyright © Daily Q All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: TripISM  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。